人気ブログランキング |
<< 12/3 Gv感想記 信念を捨てし者 >>

11/26 Gv感想記

完全なる風邪っぴきです。
自分の体調管理能力に辟易してしまいますね。
もっとも、流行っているのもまた事実。
皆さん予防は十分にしましょう。

こんばんわ、冬馬です。

風邪引いてても頑張って感想記。
まぁ、毎度ながらたかやが速報出してくれてるんで、レポートにはなりませんね。
とりあえず俺は俺の視点で書いていくとしましょう。



引き続きL3防衛。
開幕の勢力はFaチマ同盟芋味方同盟、少数にEvoろばだったかな。
突撃回数が思ったより少なかったので3MAPENDの奪い合いでもしてたんでしょうか。
あくまで予想なのでなんともいえませんが、Evoろばが少なく感じたのは他二勢力に排除されてたのかな?
Faチマ同盟といえば毎度頭に浮かぶのが金ゴキ+ゴスという結構いやらしい装備を持つルーグ氏
今回はスナイパ二名を動員した通路側#ニ門という防衛のため、以前のL5ほどの脅威はありませんでした。
勿論、そこにはSbrを打ち込むアサクロやクロコンで止めるチェイスなどもいたのでその辺りも大きいかな。
構造の関係でも、通路が細いのでそこも恩恵があったような。
そんな感じで。

この辺は割りと安定した防衛を展開。
突撃回数が少なかったからか、途中Gチャがだらけ気味になったのは反省点でしょう。



上記勢力が去ったあとはねこねこブレイカーが交代。
たかやのを見るとDRもいたみたいですね。
俺はそこまで見えなかった…。
LKが数名、折り返しを曲がるなどの場面があるもののここも安定した防衛。
#がメイン火力ってことで俺は指揮してたつもりなので、通路側の魔法はスナを守るように撒いてみました。
FWとかSGとかは保護用。
SWまで張ればよかったかなぁ、と思わなくもないけど、固定砲台ではないのでこれで正解だったと思う多分。


続いて防衛に定評のある鹿の攻め。
攻めはどんなもんじゃろ?と内心楽しみにしてましたが、防衛だけじゃなく攻め方も印象的でした。
まずロキ破壊と突破と2つに分けてくる。
破壊できたら雪崩れ込み、できなくても突破させて後衛荒らしてじわじわと。
そんな狙いに見えました。
今回PCの故障につき2PCによる角の植物配置がなかったのも災いし、数名に折り返しを突破されたものの阿修羅勢+ADSクリエにより撃破。
また、崖LPと普段植物置いてある間の通路に罠が置いてあったため、その罠にも助けられたことを添えておく。
リンカーが高飛び狙ったり、無詠唱ハイWIZが狙っていたりと油断ならぬ状況は続きましたが、ここも何とか退ける。
少数モロク地蔵も見かけましたが、こちらも排除。

ここから、油断が始まる。



派兵の話が出たところで、zodiacの偵察報告。
LPカウンターを任せていたセージを補給に戻していたり、各地を派兵偵察まわっていた前衛がいなかったりな状況。
EmCして呼び戻せばいいだろうという油断。
いつ入ったのか由真さんまでL3入りして黒葉全軍(?)による奇襲攻め。
油断、判断の遅延、鯖状況による連絡回路の寸断。
この辺りをモロに突かれ、ラスト5分というところで防衛はもはや壊滅。
そして戻ろうとしてもサバキャンされる始末。
そして割られて終了。


結局、2時間フルに防衛。
しかし小規模の壁と目された鹿を退けたという事実から来る油断によりあっさりと落とされたL3。
判断のミス。
反省すべき点が残ったGvとなりました。
こういうことがあるから、Gvはやめられない。
蓋は開けた、けれど取り出してみないと判らない、とでもいうのか。
敢えてそれになぞらえて表現するならば、鍵のかかった宝箱を開錠してほっとしていたら、横から誰かに中身掻っ攫われたみたいな。
いやはや、悔しい。


そんな感じでGvの感想。
ではまた。
by hyu-riasu | 2006-11-28 19:25 | RO Gv
<< 12/3 Gv感想記 信念を捨てし者 >>