人気ブログランキング |
<< Freja 自らの道と他者の道 及び その... >>

Rachel (旧仕様からの変更点)

ROというセカイの概念がついに完成したということらしい。
即ち、三国のうち最後の一国たるアルナベルツ教国、その首都ラヘルとそれに付随する形での新ダンジョンの追加である。




待望というほどのものではないが(特にストーリー上の問題などもはやクエスト好きを除いて誰も気にはしないであろうし)、新しいもの+それにさらに追加という形で、

・生体工学研究所ダンジョンの変貌
・ジュピロスダンジョンの変更
・アイテム仕様の変更

この辺りの旧来の仕様変更という方が気になるのは僕だけではないと思う。


チェック2つ目のジュピロスダンジョンの変更については行動しやすいAXにて視察したが、どうやら特別な変更点(1Fのディミック出現の噂)はないようである。
ニヨ宴PTはこれからも続くのだろう。

一方で生体工学研究所ダンジョンに於いては大幅な改定があったようで。
こちらはオーラ吹いたギルドメンバーの話やその他考察系サイトの流し読みではあるが、
・セイレン=ウィンザー、エレメス=ガイルの悪魔化
・ハワード=アルトアイゼンの属性変更(地4→水4?)
・カトリーヌ=ケイロンの魔法追加・順序ランダム化、及び高VIT化(?)
・セシル=ディモンの常時高速化
・マーガレッタ=ソリンの高VIT化(?)
などなど。
変わらぬものといえばMAPの形とMOBの容姿程度なのではないか、と思うほどの変貌振りを見せたそうで、なにやら旧来の狩り方は難しそうである。
悪魔化という話を聞いたときにクローキング使用で釣ればいいのでは、という話をチラホラ聞いた(僕も考えた)が、当人曰く釣ってる間にグリムやSPPで暴かれるor死ぬらしい。
なんともはや、これは本当に一筋縄ではいかぬらしい。
しかしてみざりー嬢の記事を読んでみるところ、所謂生体終わったという程ではない気がしてならぬ。
グリム狩りやソロ狩りというものが不可能になったのは事実上変わらぬ(LKは可能かもしれぬ、手持ちに居ないのでわからぬが)であろうが、PTで狩るという意味で不自由しないのはまだ終わったと悲観するには早いように思う。
むしろ今までの仕様がボーナス的であったと考えるのが妥当な気がするが、どうか。


アイテム仕様のほうはといえば、新規カードは未だ実装されないようで。
変わりに古木の枝の出現MOBの種類増加、箱からのアイテム増加といった部分に変更があったらしい。
これによって枝が10kzを切っていたheimdalであるが、少々値上がりはすることだろう。
テロに使われたら悲惨極まりなく迷惑この上ない、個人的に枝嫌いとしてはデメリット的なものが多いような気がしてならぬが、それが仕様ならば諦める他なかろう。




仕様変更はこんなところだろうか。
他にもまだまだありそうな気はするが。
余談ながら、個人的発見は離婚したにも関わらず親子スキルが普通に使えてしまうことか。
バグくさいが、さてこれは仕様変更なのか。
by hyu-riasu | 2007-07-05 15:15 | 狩場考察
<< Freja 自らの道と他者の道 及び その... >>